新生児とのお出かけはいつからOK?外出時の持ち物と注意点


外出時の持ち物と注意点
 
産後すぐの赤ちゃんは外出せずに家で過ごし、1日の大半を寝て過ごします。この間はママもあまりお出かけをせずに、赤ちゃんと一緒に家にいることになります。

では、赤ちゃんとの外出はいつ頃から可能でしょうか?

ここでは「お出かけデビュー」のタイミングと、外出時の持ち物や注意点についてご紹介します。

 

「お出かけデビュー」はいつからOK?

「新生児」と呼ばれる出生後28日未満までは、赤ちゃんの外出を避けるべきといわれています。なぜなら、まだ体が弱くて免疫力も低く病気にかかりやすいため、なるべく外界からの刺激を控える必要があるからです。ウィルスなどはもちろん、ちょっとした気温の変化や外出による疲れなどで、新生児は簡単に体調を崩してしまいます。

一般的に赤ちゃんのお出かけデビューは、生後1カ月目に行われる「1カ月検診」になることが多いようです。この検診で大きな問題が見つからなければ、徐々に外出する機会を増やせます。なお、1カ月検診は病院が混み合うことが多いため、後述の「外出用持ち物リスト」を参照して、時間に余裕を持って動きましょう。

 

最初は「外気浴」からスタートを

 
最初は「外気浴」からでは、1カ月検診で外出許可が出たら、すぐにさまざまな場所に行っても良いのでしょうか?

答えは「No」です。始めのうちは、外気浴程度の散歩を1日数分行いましょう。

「外気浴」とは、赤ちゃんを戸外の空気に触れさせて皮膚や気道の粘膜を刺激し、気温の変化に体が適応できるようにさせる方法です。

外気浴自体は生後2~3週間から可能で、まずは自宅の窓を開けて室内で行います。そして、1カ月検診後は実際に屋外に出て、外気浴がてら散歩をすると良いでしょう。散歩をする時間や距離を少しずつ延ばして、徐々に外出に慣れさせていきます。
 

 

赤ちゃんとの外出で注意すべきことは?

散歩に慣れてくると、少しずつ遠出をしたくなるもの。でも、ちょっと待って!まだまだ赤ちゃんの体は不安定です。

以下のことに注意をして、お出かけを楽しみましょう。

 

長時間の外出は避けて、赤ちゃんに無理をさせない

体力が十分でない赤ちゃんにとって、長時間の外出は負担が大きいもの。特に、夜遅くまで外出すると生活リズムが崩れてしまいます。親の都合で振り回さず、赤ちゃん優先で動きましょう。

 

屋内との寒暖差が少ない時間帯に動く

生後2~3カ月ごろは、体温調節もまだ上手にできません。外出する時間帯は、屋外と屋内の気温差がなるべく少ない時間帯を選びましょう。夏ならまだ涼しい午前中のうちに、冬なら気温が上がる昼過ぎ頃がおすすめ。

 

人混みを避け、ゆったりと過ごす

赤ちゃんは免疫力が低いため、ウィルスや雑菌が多い人混みへの外出は体調悪化を招きます。なるべく混雑していない場所や空いている時間帯を選んで行きましょう。

 
 

赤ちゃんといざ外出!用意すべき持ち物は?

 
用意すべき持ち物では、実際に赤ちゃんとお出かけするときには、何を持って行くべきでしょうか?ここでは「お出かけデビュー」を前提に、生後2~3カ月の赤ちゃんとの外出に必要な持ち物をピックアップします。
 

 

・おむつセット(おむつ数枚、おしり拭き、おむつ替えシート)

外出時は赤ちゃんの排尿・排便の回数が増えたり、おむつ替えを失敗しがちだったりするため、おむつの枚数は多めに。おむつ替えシートは必需品ではありませんが、外出先で周囲を汚さないようにする気配りと衛生面から、あると安心です。

 
・授乳ケープ

外出先に授乳スペースがないときや、赤ちゃんが泣いてその場ですぐに授乳したいときなどに使用。

 

・ミルクセット(哺乳瓶、粉ミルク、白湯など)

混合栄養・完全ミルク育児や、授乳しづらい場所への外出時に。ミルクはスティック個包装などの使い切りタイプだと無駄にならず、持ち運びしやすいので◎。

 

・着替え類(ウェア上下、肌着、スタイ)

おむつ漏れや授乳時に失敗したときのために。また、赤ちゃんは汗っかきなので、冬でも暖房のきいた室内で過ごすときは着替える可能性大。ウェア&肌着で1~2セット準備しましょう。よだれが多くなってきたら、スタイも複数枚用意して。

 

・ビニール袋

使用済みおむつやおしり拭きなどのゴミ関連、汚れたウェアなどを入れます(数枚準備)。

 

・ガーゼハンカチ

授乳時のほか、赤ちゃんのよだれや汗などを拭くときに使います。

 

・バスタオルまたはおくるみ

ベビーカーや外出先での睡眠時などに、赤ちゃんに掛けます。おくるみやおむつ替えシートとしても使えるので、1枚あると便利。

 

・抱っこひも

ベビーカーや車での外出時も、徒歩移動や階段を上り下りすることがあるため、持っていると安全です。また、外出先での寝かしつけやぐずったときにも。

 

・通院セット(母子手帳、保険証、診察券など)

赤ちゃんは、外出先で突然体調不良になることがあります。旅行や長時間の外出時は特に、急きょ病院に行く場合に備えて持参しましょう。

 

以上が、生後2~3カ月の赤ちゃんとの外出時に持っておきたいアイテムリストです。

なお、お出かけの際はママの両手が空いている状態の方が、いざという時にもすぐに対応できます。バッグはショルダー型やリュックにして、身軽に動ける装いが便利です。

 

おわりに

ここでは、赤ちゃんとの「お出かけデビュー」に最適な時期や持ち物、注意点についてご紹介しました。

かわいい我が子との初めての外出は、大きな期待とちょっぴりの不安でドキドキしますよね!赤ちゃんにとって負担が少なく楽しいお出かけにするために、しっかり計画・準備をしましょう。

授乳服 お出かけ応援企画!「授乳服ででかけよう!」授乳服を使った最新ママコーデ集!
https://junyu-fuku.com/special/2019junyu_coordinate_aw/index.html


シェアする