妊娠中の仕事服はどうする?働く妊婦におすすめのマタニティウェア

最終更新日


おすすめのマタニティウェア

妊娠中もお仕事を続ける方は、おなかの赤ちゃんのためとママ自身の働きやすさを考えて、通勤時のファッションをマタニティ仕様に変化させていく必要があります。しかし、どんなものを選ぶべきかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなプレママの皆さんに知ってほしい、妊娠中におすすめの仕事用マタニティウェアの選び方をご紹介します!

妊娠初期はマタニティ用ボトムスの買い足しが◎

出典:https://junyu-fuku.com/SHOP/8277.html

妊娠が判明したものの、まだまだ見た目はあまり変化のない妊娠初期。しかし、この時期はつわりなど妊婦さん特有の体調不良が起きやすい時期です。そのため、できればこのころから締め付けの少ないマタニティウェアの着用が理想的です。

でも、ゆったりとしたマキシ丈のマタニティウェアなどはカジュアルすぎて職場では着られないことが多いもの。また、安定期に入るまでは一部の上司や少数の同僚以外には妊娠を報告しないという場合も、わかりやすいマタニティウェアに切り替えるのは避けたいですよね。

このような妊娠初期の方におすすめなのが、おなか周りの伸縮性を備えつつ、見た目は通常のパンツやスカートと同じように見えるマタニティ用のボトムスです。

シンプルなスキニーパンツや、オフィスでもきちんと感を演出できる大人顔のワイドパンツ、腰から膝までをスッキリと見せてくれるタイトスカートなど、さまざまなアイテムがあります。

マタニティ仕様のボトムスなら、手持ちのトップスをそのまま使うことができます。いつも通りのテイストを楽しみつつ、快適に過ごすことができるのもうれしいですね。

マタニティ用のパンツやスカートは、ほとんどが臨月まで対応できるつくりになっています。そのため、一度買えば妊娠期間ずっと使えるのも良いところ。産後も体型が戻るまで少し時間がかかるため、意外と出番が多いですよ。

長期間着られるため、妊娠初期からマタニティ用ボトムスを取り入れることが賢い選択といえそうです。

どの職種にもおすすめ!きれいめワンピース

出典:https://junyu-fuku.com/SHOP/8675.html

職種によっては、重要な会議や社外の方との交渉など、妊娠中もフォーマルスタイルで外出しなくてはならない方もいらっしゃいますよね。また、事務職など職場から出る機会が少ない方でも、お客様の対応をお願いされることがある場合などカジュアルなマタニティウェアがNGなこともあります。

マタニティ用のきれいめワンピースは、どんな職種でも着られる万能選手。妊娠初期はもちろん、中期から後期にかけておなかが目立ってきてもきちんと感を失いません。手持ちのジャケットを羽織れば、社内の大きな会議や営業先での打ち合わせにも問題なく対応できます。

このタイプのワンピースは、結婚式やパーティーなどのお呼ばれの席にも活躍するので、持っていて損はありません。

また、ワンピースは1枚でコーディネートが完成するのもうれしいポイント!出勤前の身支度にかかる時間を短縮できるため、つわりや眠気などで朝がつらい日の強い味方になってくれますよ。

授乳にも対応!産後も活躍するマタニティスーツ

普段からスーツでお仕事をされている方は、一般的なマタニティウェアで出勤するのは難しいですね。かといって、おなかが大きくなるぎりぎりまで普通のスーツを着ていると、締め付けなどが原因でおなかの張りを引き起こすことも。

ここは思い切って、早い段階でマタニティ用のスーツに切り替えてしまいましょう!

マタニティ用のスーツというと、どこかデザイン性に乏しく、年齢を感じてしまうイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

でも心配はいりません。現在は、おしゃれなデザインのものや、オフィスでも自分らしくいられるスマートなものがたくさんあります。

マタニティスーツは、産後のお宮参りなどの行事でも活躍します。体型が完全に戻ってからも使用できるかたちのものも多いため、着心地の良い仕事服として長い期間使うこともできますよ。

おわりに

妊娠中だからといって、それまでの仕事中のスタイルを大幅に変える必要はありません。自分らしくいられる通勤用のマタニティウェアの力を借りて、ファッションをいつも通り楽しみましょう!


シェアする